読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー岐阜婚活!婚活うつってご存知ですか?その対処方法

f:id:ramenoyaji20:20160905143213j:plain

皆さん、婚活を頑張っていますか?

自分は現在は婚活を休止して、現在の彼女と交際しそのデートをブログにしているわけですが、婚活の時期ストレスというか心理的にかなりつらいなという時期もありました。

特に婚活パーティーや婚活コンのような、実際の場でたくさんの人が集まるイベント。

当然そこでは和気あいあいな雰囲気の中にも「熾烈な競争」もあるわけで・・・

それにその場で連絡先を交換できないと「もうあの人とは出会えない」という切迫感といいますか・・・

日頃、仕事で疲労困憊の状態だった自分にとって、そんな「戦場」は楽しくもあり、女性と話す訓練の場所でもあり、そして競争疲れする場所でもあったんです。

それに一回一回の参加費用もかかりますもんね。

婚活パーティーや婚活コンはそんな頻繁にあるわけではないですが、上手くいかないとそれだけでお金がもったいなく感じてきます。

だからといって自然に職場などで出会いもないわけですから・・・

最近では「婚活うつ」という、なかなか上手くいかない状態の婚活にうんざりしてしまうアラフォーも多いと聞きます。

「理想のお相手に出会えない・・・」
「関係が進展しない・・・」
「そもそも、婚活する時間がない、めんどくさい・・・」

人により悩みは様々だと思いますが、そんな婚活うつになりそうな時自分が取った対処方法を紹介したいと思います。

まずは軽く諦めてみる

f:id:ramenoyaji20:20160905143632j:plain

「諦める」なんていうと怒られるかもしれませんが、そもそも自分や今婚活中のアラフォーはそれまであった婚期を何かの原因で逃してきたわけです。

自分の場合ですと、「事業の失敗」とか「負債」とか「お金がない」ということから「結婚は無理」と自分の中で思っていました。

親や周りからの「いつ結婚するの?」というプレッシャーもあり焦る時期や気負う時期もありましたが、そもそも結婚資金がないため諦めていました。

時が経つにつれ、いつからかそういうプレッシャーもなくなってしまいましたが、その分気負うこともなくなりました。

そうすると今焦っても仕方がないわけですから、仕事に集中して少しでも貯金をするように。

こうなってきて「じゃあ、婚活で恋人でも見つけてやるか。」と気負わずスタートすることができるようになりました。

何が言いたいかというと、今から婚活で焦って四六時中婚活のことを考えても仕方がないということ。

「今」婚活を考えたからといって「今」出会いがあるわけではないということです。

朝起きてからお昼の休憩時間、仕事中、終わってから寝るまでずっと婚活のことを考えていても疲れてしまうだけです。

映画とかマンガで良くある「一度死んだ身だ、惜しくはない・・・」ではありませんが、アラフォーまでこじらせてしまった現実を受け止めて「欲張らない」つまり軽く「諦める」ことで気負いなく婚活ができると思います。

他の婚活している人を観察してみる

f:id:ramenoyaji20:20160905143435j:plain

いざ婚活パーティーや婚活コンに参加してみると、意外と(?)普通の人が多いと思われるはずです。

異性に限らず、同性でも「なんでこの人独身なの?」って人が結構いることに気が付くはず。

また、その逆で「こりゃ独身のはずだ・・・」なんて人も。

私が「お金」がコンプレックスで婚活に消極的だったように、外見や体型など悩みは様々だと思います。

ですが、参加してみて「その逆」の人を見ていて結構カップリングされるわけです。

中にはいますよ?まったくコミュニケーションできずに一人だけの人。

そういう人は場数が必要なだけだと思いますが・・・

ただ場慣れしていないから、その場の雰囲気に緊張してしまいいつもの自分が出せないパターンです。

雰囲気に威圧されてしまいコミュニケーションできないだけだと思うんですよね。

そういう人が「なんでこの人独身なの?」って雰囲気なのに無言の人なんですが・・・

話がそれました。

「その逆」の人、つまり自分より外見の良くない人、自分より収入の少ない人(すみません)等々でも意外とお相手ができるものなんです。

なぜなら、お相手も条件だけで男性を見ていないから。

そりゃお金とか職業で男性を選ぶ女性もいると思いますが、全てではありませんよね。

話してからのフィーリングもありますし、今どきモテる男性は「4低」っていいますもん。

(この「4低」ってある意味ネットスラングですが、一方でそんな高望みしている女性も少ないように感じます)

ですから言葉は悪いですが、「自分より条件悪いだろう」人でも結構普通に婚活コンに参加してお相手を見つけていますよ?

そして、「その逆」の人を観察することで改めて自分の改善点も見えてきます。

「ちょっとダイエットしてみよう」
「服装を気にしてみよう」
「髪形を変えてみよう」

そんな風にまずは「婚活している人」を客観的に観察してみると「意外とイケそう?」なんて思えてくるようになりますよ?

ネットに頼ってみる

f:id:ramenoyaji20:20160724231826j:plain

もし、アラフォーで婚活されるなら一度は婚活パーティーや婚活コンなどのイベントに参加されることをおすすめします。

理由はやはり上記の「他の婚活している人を観察してみる」ためです。

これだけでも自分の場合、久しぶりに服屋さんに行くきっかけになりましたし、「まだまだ自分でもイケそう」なんていう気分になりました。

それでも自分は60のおっさんに刺激されましたから場数を踏めましたが、

 

deaigihu.hatenablog.com

 

中にはめんどくさい、恥ずかしいなんて人もいると思います。

そんな人はネットに頼ってみたらどうでしょう?

女性とのコミュニケーション(サイト内のメール)は自分の時間の都合もききますし、婚活パーティーや婚活コンのようにその場のライバルを気にする必要がありません。

集中しないで休憩を取りながら

f:id:ramenoyaji20:20160905143839j:plain

イベントでもネットでもそうですが、あまり集中してしまうと結局疲れてしまい婚活がつらくなってしまいます。

そんな時は思いきって休憩するのが良いと思います。

自分の場合は今月はネットで婚活してみる、上手くいかなかったら来月は休憩。

その後はネットでちがうサイトで婚活してみる。

などと活動期間を決めて婚活をしていました。

結局、上手くいくいかないも縁ですから、一人で気負っていても気持ちがつらいだけなんですよね。

「休憩なんかしている暇はない」っていうお気持も分かるんですが、かえって疲れてしまい普段の仕事や生活にも支障が出てきてしまいます。

「上手くいかないのは自分のせいだ」と気負わず、休憩しながら時には婚活を辞めたりしながら無理なく続けていけたら良いですね。

結局は「出会いの数と縁」だと思いますから・・・